排水管が水漏れを起こす前に掃除

排水管の水漏れ防止として、掃除をしておくことが大切です。お湯を使って洗うだけでもかなり防止はできますが、現実的にすべての水のトラブルを解決できるわけではありません。そこで、排水管の掃除ができるように、排水口から対応を考えておくべきでしょう。

■排水管の掃除の準備

排水管の詰まりの防止は、水漏れ予防にも役立っていきます。掃除をしておくことが一番確実だからです。用具としては、ゴム手袋やバケツ、スポンジなどのほかに、重曹とお酢がポイントです。手に入りにくいものは使わずに掃除ができます。
バケツにお湯を貯めて重曹を溶かしておきます。排水溝を見ると、かごを外すとワントラップと呼ばれるパーツがあるのが見えます。排水管が直接見えないようにしてあるパーツでもあり、これを外さなければいけません。外し方は簡単で回せば取れます。かごをはじめ、取り外したものはバケツに入れておきましょう。



■重曹とお酢で洗い流す

ワントラップを外した後は、その奥にいろいろと異物がつまっていることがありますので、ゴム手袋をつけて手で除去してしまいましょう。内部は手が入っていきませんので、重曹を適量入れてお酢も少量流し込みます。
ここでしばらく時間を置き、そのあとに40度から50度のお湯を流します。ぬめりもとれるようになり、軽いつまりであれば流すことができるでしょう。注意点としては、他の洗浄剤は同時に使わないようにすることです。


■まとめ
排水管の掃除をしておけば、かなりの予防ができるようになります。水漏れを起こすと、大きな損害を出してしまうのですから、定期的に掃除をしておくことが重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ